スポンサーサイト スポンサー広告

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、おばあちゃん。 about A.Y.C

08.27.2007
3636.jpg


ちっちゃんの大事な大事なおばあちゃんが亡くなった。
朝起きたら、布団の中で眠るように亡くなっていたそうだ。

今年の10月で90歳になろうとしていたおばあちゃん。
信心深く写経が好きで、
自分のことは全部自分で出来、
家の留守を守り、
ひまごの浴衣や甚平さんを縫い、
私が遊びに行くと大好物のズキの酢漬けを作っていて
「食べられ、食べられ」と言ってくれた。

亡くなる前日の夕方、近所の人に
「暑いからお茶でも飲んでって」と
美味しいお茶を入れてくれたそうだ。

自分の家で、誰にも迷惑をかけず、突然天国へ旅立ったおばあちゃん。

嫁の私がこんなに悲しいのだから
血のつながった人の悲しみはもっと深いだろう。

ジョジョに会うのをいつも楽しみにして
「なんてかわいい顔してるの」といつも誉めてくれ、
そっと振り返るといつも穏やかな笑みで
私たちを見守ってくれてたね。

もっと、遊びに行けば良かった。
もっと、ジョジョを連れて行けば良かった。

おばあちゃんが最後に縫ってくれたジョジョの甚平のチョッキ。
大切に、大切にするね。
5206.jpg


誰にでも優しく公平で、どの孫、ひ孫にも分け隔てなく
愛情をそそいでくれたおばあちゃん。
まるで如来さまのようでした。

おばあちゃんのおかげでちっちゃんが生まれ、
私は穏やかで思いやりのある伴侶が持て、
ジョジョという大切な宝物とめぐりあうことが出来ました。
ありがとう。

ジョジョをしっかり育て、おばあちゃんからの命のバトンを
しっかりと次へつないでいくね。

どうか、ジョジョが健康で毎日を過ごせるよう
見守っていてください。

スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。